pickup
Youtubeライブのアーカイブ動画を編集して魅力的な動画を作る方法まとめ

100人ぐらいの視聴者が見てくれて盛り上がったYoutubeライブ

 

無事終わってコーヒーでも飲みながら一息ついて今日起きた楽しい出来事思い出している時が一番楽しいですよね♪

 

 

そして、ふと考えることがある。

 

今日のYoutubeライブのアーカイブ動画をどうしよっかと……

 

 

もしかしたら特に考えずそのまま手を加えずにアーカイブ動画としてYoutubeに残しているかもしれません。

 

そんなあなたはぜひこの記事を見て一度考え直してみてもらいたい。

 

 

 

確かに面白かったライブ配信だからそのままアーカイブ動画として残しても良いかもしれないけど、ちょっと手を加えるとさらによい作品になるかもしれません。

 

 

実はアーカイブ動画として残ったライブ動画はYoutubeにアップされた後でも自由に編集することができます。

 

本記事ではアーカイブ動画の取り扱い注意点5つにまとめました。

 

ぜひ、盛り上がったライブ動画をさらにブラッシュアップして生放送を見逃した人も楽しめる作品に仕上げていきましょう。

 

 

 

アーカイブ動画公開

 

ライブ配信時間が短いとライブ終了後でもすぐに動画がアーカイブとして反映されます。

 

1~2時間ぐらいなら数分ぐらいでアーカイブ動画としてアップされます。

 

 

 

4時間以上の長時間配信だとエンコードで時間がかかり、全部がYoutubeにアップされるまで1~2時間かかることもあります。

 

場合によっては「4時間生配信のうちの数時間分しかアップロードされてない、不具合か?」と感じるかもしれませんが、ゆっくり待てば反映されるので大丈夫です。

 

高画質配信にしていたり、Youtube側の混雑事情によってもまちまちなのでアップロードが終わるまでにどんな編集にするかを考えておきましょう。

 

 

 

しかし12時間生配信という超長配信だとアーカイブは作成されないので注意してください。

 

 

 

チャットコメントの反映

 

配信中に書き込まれたコメントをアーカイブとして残したときに、動画画面と連動してコメントが流れるようにするか否かを設定できます。

 

Youtube studioの動画から、ライブ配信、編集したいライブ配信のサムネイルの部分をおしてください。

 

 

その他のオプションをおして、チャットのリプレイを許可するの欄にチェックボタンが入っていれば、生配信中のコメントは反映されています。

 

 

 

このチャット機能は配信している時に変更することもできます。

 

生配信時のライブ設定画面で右上にある歯車マークをおして、チャット、チャットのリプレイを許可するからON/OFFを切り替えることができますl。

 

 

 

サムネイル変更

 

動画と同じようにアーカイブ動画として残った動画もサムネイルを変更できます。

 

 

生配信をすると何かしらの出来事が起こります。

 

生配信を見てない人がサムネイルを見たときにどんな結末が待っていたのかと想像力が掻き立てるようなサムネイルを作ってみると、アーカイブとして残したときの反応もアップするので配信前に作っていても変更してみてください。

 

 

 

アーカイブを編集するなら

 

生配信をして残ったアーカイブ動画を編集したいと感じたことがあるかもしれません。

 

編集方法はブラウザ上でする、データをダウンロードしてパソコン上・スマホ上ですることもできます。

 

 

 

・エンディング挿入

動画投稿のようにアーカイブ動画の最後におススメ動画やチャンネルへの誘導をするためのシーンを挿入することができます。

 

動画の詳細から終了画面を押すと、動画投稿する際と同様の編集画面が出てくるのでエンディングを編集してください。

 

 

 

・アーカイブ動画内容編集

動画を内容をブラウザ上で編集することができます。

 

画面左側のエディタを押すと編集画面が出てきます。

 

 

やり方は切りたい部分にバーをもっていって分割をおしてください。

 

切りたい部分の終了部分までバーを持っていくといらない動画部分を削ることができます。

 

音楽の挿入を押すとYoutube側で用意されている音源をBGMで利用することができます。

 

注意点
カットをしたり編集を加えると、ライブ中に流れたチャット欄のコメントはアーカイブ動画として流したときに反映されなくなります。

 

 

アーカイブ動画の編集はブラウザ上でもできるのですが、普段高度な技術で編集ができる人からすればもの足りない。

 

そこで、アーカイブ動画を本格的に編集するならアーカイブ動画を一度ダウンロードしてパソコンで編集しましょう。

 

 

 

動画のオプションからダウンロードを押すと、MP4ファイルとしてダウンロードされます。

 

当然ですが、この場合もチャット欄のコメントは反映されなくなるので注意してください。

 

 

もし、チャット欄のコメントを残しておきたいなら以前こちらの記事で紹介した配信欄にコメントを表示させる方法を使ってください。

 

Streamlabs OBSというOBS studioの亜種のような配信ソフトを使うので、OBS studioに慣れているなら。

 

 

 

まとめ

 

Youtubeライブのアーカイブ動画を編集する方法と注意点をご紹介しました。

 

・サムネイル編集

・チャットコメントの反映

・動画内容の編集

 

ライブで起きた内容を強調した面白いアーカイブ動画を編集してみてください。

 

 

 

 

 

 

もし、あなたが

「動画のつくりかたや生配信のやり方わからないよぉ…」と困っているなら無料プレゼントのページに飛んでプレゼントを受け取ってみてください。

 

あなたがみんなから注目されるヒトになるためのヒントがもらえますよ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事