pickup
ニコ生、youtube、ツイキャスで同時配信してみた感想【生配信実践記】

3つの動画配信サイトで同時に配信してみたら普段と何かちがうかな?

という思い付きでニコニコ生放送、youtube live、ツイキャスライブで実際に配信した環境設定と感想を書いていきます。

2つ以上の配信サイトで同時配信してみようかと考えてみたけど、環境づくりに悩んでたあなたはぜひ参考にしてみてください。

 

本題に入る前の注意点
この記事はある程度放送したことがないと理解するには難しい内容です。

まだ配信をしたことがないかたはもっと簡単なことから始めてみましょう。

初心者のかたはスマホ一台で始められるツイキャスライブがお手軽なので、こちらの記事を見てください。

 

こんな人に見てほしい

・同時配信をしてみたい

・どうやれば簡単に配信できるの?

・同時配信をする意味ってあるの?

 

使用ソフト、機材

・パソコン

・OBS studio

・Steamlabs OBS

・MultiCommentViewer

・ニコニコ動画、youtube、ツイキャスライブの各アカウント

 

他にも棒読みちゃんやウェブカメラ、キャプチャーボード、マイクなどを使いました。

しかし、例にあげたソフトや機材だけでも配信は十分可能です。

追加で配信環境を自由にカスタマイズしたくなったらそれぞれ付け足してください。

 

それぞれの設定については各記事で説明しているので、目次から必要な記事を参照してください。

配信前準備

各サイトで配信タイトル、説明、タグ、カテゴリを設定する。

各サイトのストリームキーとストリームURLをコピーしてOBS Studio、Steamlabs OBSの設定欄に張り付け。

配信で使う画像の準備や配信用画面の作り方・音量調整はこちらの記事から確認してください。

今回はOBS Studioでニコニコ生配信とyoutubeに同時配信、Steamlabs OBSでツイキャスライブに映像と音声を送っていました。

Youtubeライブとニコニコ生放送を同時に配信

OBS studioを設定し、Youtubeとニコニコ生放送に同時に画像と音声を届けます。

配信するときはストリームキーとストリームURLを配信ソフトに読み込ませる必要があります。

各配信サイトによってストリームキーとストリームURLは異なりますのでご注意ください。(例 youtube live)

しかし、配信設定の項目には1種類のサイトしかストリームキー・ストリームURLを設定できません。

つまりニコニコ生放送とyoutube liveを同時に配信するには本来の設定ではできないってことです。

そこでOBS Studioの録画機能を使ってもう一つのサイトにも映像と音声を送れる設定にします。

OBSの録画機能を利用

設定 ➡ 出力(1) ➡ 出力モードを詳細 ➡ 録画()と飛んでください。

種別をカスタム出力(3

FFmpegの出力の種類をURLに出力にして(4

ファイルパスまたはURLの欄に「ストリームURL/ストリームキーと入力してください(5)。

ストリームURLとストリームキーの間に / を忘れないでください。

入力したら右下の適用を押せば設定完了です。

試しに録画のボタンを押して、放送画面がOBS Studioの映したい画面に変わっているか確認してみてください。

コメントを一括管理

配信をしているとリスナーさんからコメントをもらえます。

しかし、3つの配信サイトで別々のウィンドウを見ながらコメントを確認するのはなかなか難しい。

特にゲームしながらだと、どのサイトからコメントがあったのか探すことも困難。

そんな問題を解決するため、複数サイトのコメントを一括で管理できるソフトMultiCommentViewerを使いましょう。

MultiCommentViewerの使い方

接続を追加のボタンを押すと空欄のボックスが出てくるので各配信サイトの放送URL(ウィンドウの上にあるURL)をコピーまたはドラッグして空欄(1)に張り付ければ自動的にサイトを認識してくれます。

あとは接続のボタンを押せば勝手に配信サイトのコメントを拾い上げて、コメントビューアー側で表示してくれます。

どのサイトからコメントされたかも表示されているので迷わずに済みます。

プラグインのタブから棒読みちゃんやコメントジェネレーターの設定もできるので、自動読み上げもこれ一つ設定すれば問題なしです。

Steamlabs OBSの設定

OBS Studioの機能にプラスしてSteamlabsの機能を追加したソフトがSteamlabs OBSです。

OBS、Streamlabs、Steamlabs OBSは別々なので混同しないように注意してください。

YoutubeやTwichで配信する場合、Steamlabs OBS側で各サイトのアカウントでログインしていると先ほどのストリームキーとストリームURLを設定しなくてもよりので手間が省けて便利ですよ。

しかし、ニコニコ生放送とツイキャスライブではアカウントログインに対応していないので私は個別に設定する方法を使っています。

 

Streamlabas OBSとYoutube Liveの設定方法

Youtubeのライブ配信を開始から諸設定をすませ、ストリームキーとストリームURLをコピーしてください。

ストリームからカスタム設定(1)にしてストリームキーとストリームURLを入力してください()。

また先ほどOBS Studioで使った録画設定を改変して同時配信していましたが、Steamlabs OBSでは録画機能を使って配信することはできないので注意してください。

OBS StudioとSteamlabs OBSは同時に起動させていますが、デスクトップ音とマイクは同じ設定していても問題なく配信できました。

マイクのボリューム設定やノイズ除去はそれぞれで行う必要があるのでご注意ください。

配信画面もPCの同じ画面をキャプチャする設定にしていれば大丈夫です。

 

もしどちらも設定するのがメンドウならば、どちらかのキャプチャ画面を編集してもう片方は放送用に作製したOBSの画面そのものをキャプチャすれば終わりです。

ウェブカメラを使った放送の場合、ウェブカメラは1つの配信ソフトしか認識できない仕様なので(ロジクール c920のカメラで実践)、さきほどの片一方の画面をキャプチャする方法で複数配信しましょう。

複数サイト配信について

・スマホを使って配信

スマホで同時配信は相当難易度高いのでおススメしません。

メンタリストのDaigoさんみたくスマホを複数並べて放送するなら問題ありません。

しかし、1個のスマホで同時に複数のサイトへ映像や音声を飛ばしながらコメントを確認して対応するのは相当ハードなのでやめておきましょう。

 

・PCで配信

PCで配信するときは複数のサイトと配信ソフトを同時に使うのでデュアルディスプレイがおススメです。

ノートパソコンでもできるとは思いますが、小さいディスプレイに複数のサイトを適時開いたり閉じたりするのは結構忙しいですよ。

 

また、複数のサイト・ソフトを起動させているのでパソコンのスペックもある程度必要になります。

10年前のノートパソコンで同時配信することは相当難しいと思うので、できれば最近のパソコンに買い替えることをおススメします。

参考までに現在の私のPCスペックを載せておきます。

パソコンスペック
  • メモリ:16.0 GB
  • CPU:intel(R) Core(TM) i7-7700K CPU @ 4.20GHz
  • ディスク1:SanDis SDSSDA480G
  • ディスク2:ST2000DM006-2DM164
  • GPU:NVIDIA GeForece GTX 1070
・通信環境

通信環境も生配信の生命線です。

開いているサイトの数が増えると安定した配信が難しく、音声や映像がブツブツと切れてしまうと聞いているリスナーさんも気分は良くありません。

回線が混雑する時間帯を避けたり、有線Lanケーブルを用いて通信が安定した配信をめざしましょう。

まとめ

ニコニコ生放送、youtube live、ツイキャスライブの3サイトで同時に配信した方法について簡単に説明してみました。

現在行っている配信に少し余裕が出てきたなら新たなリスナーさんとの出会いを求めて違ったサイトに出かけてみるのも楽しいですよ!

 

 

 

 

 

もし、あなたが

「動画のつくりかたや生配信のやり方わからないよぉ…」と困っているなら無料プレゼントのページに飛んでプレゼントを受け取ってみてください。

 

あなたがみんなから注目されるヒトになるためのヒントがもらえますよ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事