pickup
Youtubeでお金を稼ぐ方法5選!初心者から億を稼ぐ上級者のやり方まで
こんな人に見てほしい
  • Youtubeでお金を稼ぎたい
  • Youtubeの広告収益以外に稼ぐ方法なんてあるの?
  • 自分の持っているビジネスをYoutubeを使って加速させたい
  • お金を稼ぐ方法自体を知りたい

今や小学生からお年寄りまで知らない人はいないほどにまで知れ渡っている動画配信サイト「Youtube」。

Youtubeで活躍する人(Youtuber)の中には年収数千万を超えていたりトップ層になると億も夢じゃないこともテレビ番組で紹介されており、Youtuberを1つの職業と夢見ている人も多い。

そんなYoutuberですがよく言われている動画の広告収益で稼ぐ方法以外にも、圧倒的にお金を稼げる方法が存在します。

 

今回はYoutube初心者でもすぐにできることから数億円単位のお金を動かせるビジネス上級者でも試せる方法までご紹介!!

自分がYoutuberとなったときにどんなお金の稼ぎ方があるのか覚えておきましょう。

動画の広告収入

Youtubeで動画を再生するたびに流れる企業の広告から収益を得る方法です。

Youtubeを始めるきっかけで一番多いのが動画の広告収益をたくさんもらって不労所得にしたい、あの有名Youtuberのように再生数稼いで儲けたいと思っているでしょう。

 

確かに動画の広告収益はガチで動画をつくりこんで再生数を稼ぎ出せば、広告収入も増えていきます。

しかし1再生あたりの収益は広告を出す企業によってまちまちであり、動画のジャンルによっては1再生あたり0.1~1.0円ほどの大きな開きがあります。

なぜこれほどの金額差が出るかというと、広告が動画内で紹介される時はオークション形式がとられており、より高い広告費用を出した企業の広告が採用されて再生されるからです。

 

広告を見た人が実際に広告のページにいって、企業の商品・サービスを購入してくれる可能性が高い場合により高い広告費を出してたくさん動画で再生されるほうが企業にとっては有利になります。

逆に動画で広告を出してもほとんど広告ページに行ってもらわなければ広告費だけ出しての無駄となるので企業としては意味がありませんよね。

例えば動画を見る層が小学生・中学生が大半を占めているジャンル(エンタメ系・ゲーム系・おもちゃレビューなど)では、動画を見てくれたとしても実際に企業の商品やサービスを利用してくれる可能性は低くなります。

子供が大人に相談するのは難易度が高いですし、子供が自分で物を買うという行為も抵抗がありますよね。

一方、大人向けの情報や商品、ビジネスの知識などを紹介する動画だと自分の興味があるジャンルの広告を見て実際に商品購入をいたるケースも珍しくありません。

 

動画のジャンルによって見てくれる視聴者の年齢層や性別は大きく変わります。

あなたが広告収益をたくさん得たいと考えているなら、どんな視聴者層にむけて動画を作ればより高い広告収益を得ることができるか考えたりリサーチしてみましょう。

ライブ配信の投げ銭(スーパーチャット)

あなたはYoutubeライブを見たことありますか?

するとたまにコメントのなかにお金の額とコメントが一緒に流れて、コメント欄の一番上に表示されたシーンを見たと思います。

視聴者がライブの配信者に向けてお金とコメントを渡すことができる機能を投げ銭(スーパーチャット)と呼びます。

 

投げ銭の機能は17LiveやPococha、ニコニコ生放送などでも使われており、視聴者がライブ配信者を応援したり、自分のコメントに注目してもらったりするために使われています。

お金を出してまでコメントをしたいのかと思うかもしれませんが、実際に1度のライブ配信で数百万単位の投げ銭をもらった風俗嬢やホストのライブ配信者もいます。

参考記事:https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2019/019393.html

美男美女がライブ配信しているとついついコメントして自分に注目してほしい視聴者は必ずいます。

そんな人の中にはお金をいれることで一時でも自分の名前を読んでくれたりおしゃべりの相手をしてくれたりすると、ついうれしくてさらにお金を入れてしまうなんてことがおこってしまうもの。

 

メンタリストDaiGoさんはたまに視聴者から相談質問を受け付けるYoutubeライブをしていますが、視聴者からの質問を受け付けて悩みを解決してあげるやり方も1つのやり方です。

専門的な知識(医療、法律、ビジネスなど)を持った人が悩める人の相談に乗ることは需要と供給をしっかりと満たしており、対価として投げ銭が出てきても別に不思議なことではないですね。

ゲーム系のライブ配信でも凄腕のプレイを見せたときは、ストリートミュージシャンのように投げ銭が送られるのでゲーム系配信をしている人もリアルタイムのライブ配信はオススメです。

メンバーシップ(サブスクリプション)

チャンネルとは別に月額制の特別なコンテンツやサービスを提供する機能です。

月額は最安値90円から6,000円まで設定でき、ワンコイン(490円)で設定して気軽に入れるレベルに設定しているチャンネルが多いので特にこだわりがないなら490円か最安値から試してみましょう。

 

もともとチャンネル参加している視聴者がYoutuberにより近い位置で応援したり、コミュニケーションを取りたいと感じてくれるとメンバーシップに参加してくれます。

メンバーになると、ライブ配信時のチャット表示が5分間上部に残ったり、メンバーだとわかるバッチがコメントと同時に表示されてYoutuberがコメントに気づきやすくしてくしてくれます。

また、メンバー限定のチャットやメンバー限定のライブ配信などを通じて自分の好きなYoutuberと親密な関係をもてることが魅力なので、Youtuberはメンバーに喜ばれる企画などを考える必要があります。

 

メンバーシップは誰でも設定できるわけではなく、利用資格があります。

メンバーシップの条件
  • チャンネル登録者数3万人以上
    (ゲームチャンネルだと1000人以上)
  • Youtubeパートナープログラムに参加している
  • チャンネルが子供向けとして設定されていない
などなど…

物品紹介・アフィリサイト

Youtubeでは商品レビューや企業サービスを紹介する動画が数多くアップロードされています。

実は視聴者が動画の詳細欄にあるURLから商品のページに飛んで、商品・サービスを購入すると企業から紹介料としてお金を振り込まれるサービスがあります。

アフィリエイト(成功報酬型広告)というビジネスのやり方で企業としては動画の中で自社商品を紹介して購入してくれる数が増えて嬉しい、動画を作ったYoutuberも動画で紹介するだけでお金をもらえるので嬉しいという双方にとってwin-winな関係を築くことができます。

成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく[1])、アフィリエイト・マーケティング[2]、アフィニティ・プログラム[3]、アソシエイト・プログラム[4]、アフィリエイト・プログラム[5]とは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に客引きの成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト (affiliate)[6]、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い。

 

Youtubeとしてはほかのサイトへ誘導するようなやり方は推奨しておらず、グレーな面も多少あります。

チャンネルにあげる動画がすべてアフィリエイト案件に飛ばすような動画だと視聴者としても嫌気がさすかもしれないので、紹介するときは数を絞ったり自然に良い商品だと説明するようにしておきましょう。

企業案件

アフィリエイトは自分でアフィリエイトできる商品を見つけてきて、勝手に商品を紹介する方法です。

一方企業案件は企業側からある商品を動画で紹介してほしいと依頼を受けます。

当然、動画で紹介するかわりに相応の報酬(1本数十万円レベルも普通にあります)が支払われるので、チャンネル方針にあっている商品なら動画で紹介してみたいですね。

 

有名Youtuberのもとにしか企業案件がこないと思うかもしれませんが、数万単位のチャンネル登録者数でも企業案件は来るとされています。

特に専門性が高いチャンネルだと動画を見に来る視聴者はより深いニーズをもった人が集まってきます。

 

例えば薄毛に関する動画を上げているYoutuberのもとには、薄毛に興味がある・心配している人が集まります。

そのチャンネルで育毛剤の商品レビュー動画を出してもらうようにYoutuberに頼んで出してもらえれば、育毛剤をたくさん買ってもらえるかもしれませんよね。

 

エンタメ系チャンネルのYoutuberに企業案件をだしても、視聴者層や視聴者の趣味もバラバラなので企業としては紹介効率があまり高くありません。

企業としてはなるべく効率よくお客を集められるように自分の商品を求めている・興味がある人が集まるところで商品を紹介したいと考えます。

ニッチなジャンルを紹介しているチャンネルでは見ている視聴者もニッチなことに興味がある人たちがあつまりやすく、企業が求める悩める顧客に効率よく宣伝できて一石二鳥。

 

企業案件を獲得するならエンタメ系などの広すぎるジャンルよりニッチなジャンルに特化したチャンネルを作りましょう。

自分のビジネスに誘導する

Youtube以外ですでに自分のビジネスを作っている人はYoutubeを集客の手段とみると自分のビジネスを圧倒的なスピードで加速させることができます。

動画は短い時間で多くの情報を紹介する面で優れているので、今までブログなどの文字情報で紹介していた内容をよりコンパクトに紹介することができます。

ビジネスの例
  • 出版本
  • オリジナルTシャツなどの衣服
  • ラインスタンプ
  • アプリ
  • 作製楽曲
  • 英語の勉強教材
  • オンラインサロン、コミュニティへの誘導

Youtubeだけで終わらせるのではなく外部のビジネスとつなげることでより多くの収益を生むことができます。

Youtubeをただの娯楽としてとらえずに集客のための手段として利用しましょう。

Youtube初心者がお金を稼ぐためには?

Youtubeを始めてからYoutubeパートナープログラムに参加できるようになるまでは、アフィリエイトや自分のビジネスに誘導することしかできません。

広告、投げ銭、メンバーシップはYoutubeパートナープログラムに参加した後でしか利用できませんし、Youtubeを始めたばっかだと企業がわざわざ目を付けて案件を持ってきてくれるほどの人気もないので期待はできません。

Youtube広告の仕組みについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

そのうえ自分のビジネスを持っている人も全人口的に見ると圧倒的に少ないとなると必然的にアフィリエイトを中心としたレビュー系動画でお金を稼ぐか……と考えているかもしれませんが、正直この方法もしつこく繰り返すことはやめておいたほうがよい

 

あなたも想像してみてください。

商品のレビュー動画ばっかりのチャンネルをわざわざチャンネル登録してまで見たいとおもいますか?

毎度毎度色んなジャンルの商品を紹介して、詳細欄のURLに飛んで買ってねと言っている動画を出している人に共感したり次の動画も見たいと感じることに違和感を感じるはずです。

 

確かにレビュー系動画を経由してアフィリエイトの収益を得ることができるかもしれませんが、いつまでも商品を買わせたいという欲を持っていると視聴者もその雰囲気を感じてあなたのチャンネルからどんどん離れていきます。

もちろんあなたが実際に使ってみて本当に良い商品だと感じたなら紹介しても良いですし、専門の知識やショップに勤めているなら信頼性もますので商品レビューをしても良いでしょう。

ただ、レビュー動画ばかりの商品を買わせたい欲が前面に出るようなチャンネル運営はしないように注意しておいてください。

 

Youtubeをはじめてお金を稼ぐことを目標とするならまずは広告収益を得られるYoutubeパートナープログラムの条件(チャンネル登録者数1,000、総合再生時間4,000)を目指しながら、たまにアフィリエイト案件の自分の役に立った商品をレビュー動画としてだしてみると良いでしょう。

自分のビジネスをすでに持っているなら自分の商品を紹介しつつ、ビジネスに関連した情報や知識を初心者向けに紹介するチャンネル運営を目指すのが成功への最短ルートになります。

まだ自分が目指したいジャンルが決まっていない人はこれから伸びてくるジャンルをまとめて解説しているこちらの記事を見てみましょう。

まとめ

Youtubeでお金を稼ぐことができる方法をまとめて紹介しました。

Youtubeは広告だけではなく幅広いことにつながていくことができます。

娯楽の動画を見るためのものではなく、より多くのお金を動かすことができないかと日々調べる工夫をしてみてください。

 

 

 

 

 

もし、あなたが

「動画のつくりかたや生配信のやり方わからないよぉ…」と困っているなら無料プレゼントのページに飛んでプレゼントを受け取ってみてください。

 

あなたがみんなから注目されるヒトになるためのヒントがもらえますよ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事