pickup

Youtubeやニコニコ動画などの動画配信サービスで動画・生配信をしているとリスナーから色々とコメントが寄せられます。

配信者として活動する上では寄せられるコメントに一喜一憂することもあるでしょう。

そんな情緒不安定になりがちなYoutuberや生主が安心して活動するために視聴者からよせられるコメントへの対処法をご紹介します。

こんな人に見てほしい
  • 動画に変なコメントがきて困る
  • コメントが来たときどう反応すればよいかわからない

言葉の使い方がへた

発信している内容にもよりますが、Youtubeなどの無料で見ることができる動画や生配信にコメントを残す方のなかには言葉のつかい方が良くない方がいます。

ゲームやエンタメ系のジャンルだと小中校生がコメントしやすくなるので、コメントの質としては下がるかもしれません。

政治系や宗教系のお話しだと自分が言いたいことを言う人が集まる可能性が高く、自分が信じていることをオブラートに包まず追及してくることもあるので特に注意が必要です。

 

話している内容自体は別に配信者を馬鹿にしているわけではない場合でも、コメントの語尾がです・ます調ではないと攻撃的な印象を受けてしまいます。

「アホだろ」
「そんなわけないだろ」

こんなコメントをされると人によってはつらいと感じるかもしれません。

しかし、このようなコメントでも悲観的に感じる必要はないと覚えておきましょう。

面と向かって言葉で話しているとしゃべり方や表情から茶化している、ツッコミをいれているとわかります。

しかし同じ内容でも文字として出されると、どうしても強いイメージがついてしまいます。

 

生配信では場面的に言葉のニュアンスを感じることができるかもしれませんが、動画に対するコメントだとどこに対して発言したのかわからないので不安感は増すばかりです。

何とも言えない不安感が出てくるコメントはあると思いますが、はっきりと断言されていないコメントに対しては気にしないスタンスでいることが一番です。

あかの他人に対して、丁寧な口調で話しかけられない方ははっきりいって話す価値はないと考えて大丈夫です。

コメントが来たとしてもそれはただ文字が画面上に現れただけ、botが適当にコメントを残していったぐらいのさざ波さえたたない静かなこころで見守っておきましょう

 

言葉足らずなコメント

コメント欄の中にはいったい何が言いたいのかよくわからにまま発言されたコメントを見つけることはそう難しくはありません。

動画の内容とは関係のないツイッターやインスタグラムから拾ってきた場違いなコメントもあるので正直相手をするのも面倒だと感じることもあるでしょう。

 

リアルで面と向かっている時でも、自分の気持ちをしっかりと自分の状況も踏まえて相手伝えることは相当難しいと思います。

そのうえネットの豊富に文字をうつには向いていないコメント欄で状況説明までできる視聴者がそんなにたくさんいるわけありません。

 

反対するのではなく自分の意見を言っているつもりでも、コメントとして残すときに必要な情報が抜けてただバカにしたような内容になることもあります。

何が言いたいのかなと思うコメントがあるでしょうが、あまり深く考えずに自分にとって役に立ったと思うコメントを拾うようにしておきましょう。

よくわからないコメントに対してあなたがわざわざ悩む必要はありません。

あなた自身がバイアスにかかっている

最近だと有名人に対する誹謗中傷の報道がされたりツイッターやフェイスブックで実際に悪口をされているところを見たことがあると思います。

そんな状況を知っているので自分の動画コメント欄にそれっぽいコメントを見るとついつい自分のとこにも来たか嫌だなぁと過剰に反応しているかもしれません。

言葉づかいだったり言葉足らずだったりするコメントだとどうしても悪い印象が強いので、Youtubeで活動をしていると悪口は来るものだというバイアスの影響も加わり悪循環に陥ってしまいます。

 

実際のところYoutube以外のネット空間で他人の悪口を書き込む方はネット人口のうちほんの0.数パーセントしかいないとされています。

このわずかな人が多くの人に対して積極的に悪口や誹謗中傷を繰り返しています。

つまり彼ら以外のほぼ大多数のネット民は別にあなたに対して悪印象もないし、気にもしていないということです。

 

当然社会的に認められないようなこと(不謹慎な発言や犯罪行為)をすれば叩かれるでしょうが、ゲーム配信だったり自分の持っている特別な知識や技術を紹介しているだけならあなたを批難しようとは思いません。

わずかな誹謗大好き人間があなたのもとにきたら「コメント稼ぎ乙」とだけ書いておいて、ミュート設定にしておきましょう。

ミュート設定にしておくと、それ以降のコメントは一切あなたの画面には表示されずコメントをした人の画面にだけ表示される仕組みになってます。

打ち込んだ本人は批判して満足、こちらもコメント数はカウントされるけど見えないから動画の評価を上げつつ気にしなくても良い。

Youtubeのミュート設定方法はこちらの記事で説明しています。

 

批判コメントがよく来るなと思っているのはあなたがバイアスにかかっているだけかもしれないので、批判している人をミュートにしてみてください。

8~9割の悪口は消え去って快適な動画コメント欄になるはずです。

 

まとめ

Youtubeやツイッターの返信コメントで落ち込んでしまうときに使える考え方について紹介しました。

コメント対処法
  • 言葉の使い方がへた
  • 言葉足らずなコメント
  • あなた自身がバイアスがかかっている

ネットを使ってコミュニケーションをすることは楽しい反面面倒だと感じることもあるでしょう。

だいたいの場合視聴者の不十分な言葉がそのままあなたに届いてしまうことが原因です。

この言葉の裏にはどんな意味があるのだろうと、ワンクッション置いて考えてみる癖をつけておくと悪意しかないという思い込みから抜け出すきっかけになります。

コメントはそのまま受け取らないことを心がけてみてください。

 

 

 

 

 

もし、あなたが

「動画のつくりかたや生配信のやり方わからないよぉ…」と困っているなら無料プレゼントのページに飛んでプレゼントを受け取ってみてください。

 

あなたがみんなから注目されるヒトになるためのヒントがもらえますよ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事